有名な神社

鎌倉初詣で馴染みの深い、鶴岡八幡宮の歴史や変遷について紹介します。 鶴岡八幡宮は鎌倉のシンボルとして有名です。 鎌倉幕府を開いた源頼朝が由比ヶ浜辺の八幡宮を鎌倉に移したのが鶴岡八幡宮です。 1191年には鎌倉幕府の宗社として現在の形に整えたのです。 そして、鎌倉の町の中心として栄えます。 源頼朝は流鏑馬や相撲や舞樂などの行事や神事をして盛り上げたのです。 現在まで引き継がれている行事の原型を作りました。 今の本殿は1828年の江戸幕府11代将軍徳川家斉が立て直しました。 国の重要文化財の江戸建築として名を知られています。 鎌倉初詣に来る人は開運や縁結びや家内安全や厄除けなどに訪れます。 鎌倉初詣に250万人の人出が毎年出ています。 鶴岡八幡宮は鎌倉初詣にとって欠かせない物となっているのです。

鎌倉初詣の今後の動向についての予測をします。 これらの初詣は毎年ながら交通規制は避けられないでしょう。 正月三が日の間は車は鎌倉市内には入れないのです。 鎌倉市内在住の人や市内の駐車場を借りている人だけ車で走行できます。 通行許可証明が警察から出ている人だけ走行できるのです。 しかし、発行するのをめんどくさがって車で行く住民は少ないです。 混むのが分かっているのですから、この傾向は続くでしょう。 鎌倉初詣の他に箱根駅伝が2日と3日にあるので、混雑がさらに増えます。 なので地元住民は正月三が日は初詣を行くのをやめています。 4日から行く人が多数なのは変わらないと予測します。 なので、これからの傾向を考えると混雑を避けて鎌倉初詣に行く住民が多いでしょう。 地元以外の人が正月三が日に鎌倉初詣に行く事が続くと予測します。